1. ホーム
  2. ぐんまの病院
  3. 館林厚生病院

ぐんまの病院

館林厚生病院

病院情報

  • 基本データ
  • 初期研修情報
  • コメント

病院名 館林厚生病院
病院長名 新井 昌史
所在地 群馬県館林市成島町262-1
電話番号 0276-72-3140
FAX番号 0276-72-5445
交通手段
電車利用 : 東武伊勢崎線館林駅下車徒歩約12分
車利用 : 東北自動車道館林I.C.より約20分
診療科目 標榜診療科:24科
内科・精神科・循環器内科・内分泌糖尿病内科・アレルギー呼吸器科・小児科・外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・呼吸器外科・心臓血管外科・消化器外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・リハビリテーション科・放射線診断科・放射線治療科・歯科・歯科口腔外科
職員数 常勤職員488名(医師38名、看護師279名、その他171名)、初期研修医6名
病床数 329床(一般323床、感染症6床)
外来患者数 外来:約400名
救急:3,261件/年間
手術数 年間:約1,500件(手術室で行ったものに限る)
主な設備 リニアック治療室、血管撮影室、MRI検査室、RI検査室、全身用CT室、結石治療室、化学療法室、人口透析室、高気圧酸素治療室、内視鏡室、手術室、運動療法室、作業療法室、言語療法室、中央材料室
病院の特徴  館林厚生病院は、「鶴舞う形」の群馬県の東南部に位置し、童話で名高い「分福茶釜」の茂林寺や国の史跡名勝に指定されている「県立つつじが岡公園」、二度の宇宙飛行で世界の科学に貢献した「向井千秋」さんの故郷となっている館林市にあります。
 近隣6市町(館林市・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町)により邑楽館林医療事務組合を設置主体とする、地域唯一の公的総合病院として昭和39年10月1日館林市大字松原にあった国保連合会直営診療所の施設一切を継承し、診療を開始したものであり、その後医療の高度化、施設の老朽化、狭隘化により、昭和43年10月10日現在の館林市成島町に新病院を建設し、全面移転しております。
 以来、地域の中核病院としての役割を果たすとともに、地域住民のニーズに対応した良質な医療の提供を行うため、施設、設備の整備は勿論のこと、診療部門の拡充にも取り組み、地域住民に対して、当病院の理念である「信頼、安心 すべては患者さんのために」を基に、時代の要求である「人にやさしい医療」の提供を行い、各科とも、常に、高度特殊医療を目指した医療の展開を行っております。
 当病院の特徴の一つに、各診療科間の連携が密に行われていることがあげられますが、地域医師会等の医療機関とも連携を密にし、紹介患者優先診療を行うとともに、「逆紹介」も積極的に行っております。
 また、検診部門では、「日帰りドック」・「脳ドック」があり、疑わしき結果がある場合には、直ちに専門医の診察が受けられることも特徴の一つです。
 当地域は、栃木県・埼玉県・茨城県に隣接しているため、県外からの来院者も多く、皆様のご利用をお待ちしております。


病院周辺の状況
 当地域は、関東平野のほぼ中心部(群馬県の東南部)に位置し、南は利根川北は渡良瀬川にはさまれた田園地帯で、群馬の穀倉と言われています。
 群馬県の東南端にあたるため栃木県・埼玉県・茨城県と隣接しており、前橋市からは遠いですが隣接県の諸都市とはきわめて親密な関係を構築しております。
 また、東京へは60km圏内、1時間以内で行ける通勤圏内となっており、仕事での出張や週末のオフの遊びなどにも便利です。
 当病院の医療圏は、構成市町の館林市・板倉町・明和町・千代田町・大泉町・邑楽町のほか隣接する太田市も含まれ、その人口は構成市町だけでも約187,700人を数えています。
研修・認定施設一覧 日本脳神経外科学会専門医認定制度研修施設
日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育病院
日本外科学会外科専門医制度修練施設
呼吸器外科専門医合同委員会修練施設(関連施設)
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設基幹教育施設
日本透析医学会専門医制度教育関連施設(平成28年4月1日~)
日本気管食道科学会認定気管食道科専門医研修施設(咽喉系)
日本耳鼻咽喉科学会認可専門医研修施設
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本障害者歯科学会認定臨床研修施設
日本緩和医療学会認定研修施設
日本がん治療認定医研修施設
日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設
日本静脈経腸栄養学会NST専門療法士実地修練施設
日本栄養療法推進協議会NST稼働施設
日本病理学会研修登録施設
日本臨床細胞学会認定施設
日本臨床微生物学会認定臨床検査技師制度認定研修施設
日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関認定施設
日本病院総合診療医学会認定施設
日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
ホームページ http://www.tatebayashikoseibyoin.jp/

当院初期研修の特徴

 当院の研修プログラム(スケジュール)は、「医師が医師としての人格を涵養し、Primary care の基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につけることができる」ことを目標に、効果的に達成できるように作成された。研修への興味、習得度は研修医それぞれ異なる為、当院では研修医各々の状況を十分に把握・評価し、また、個人の希望を尊重して研修スケジュールを個別に組み立てる必要がある、と考えている。そのため、月1回の研修支援委員会でそれぞれの評価、あるいは指導を行い、それ以外でもいつでも気軽に相談に応じられるような体制を構築している。

研修プログラムの概要

(1)厚生労働省の指針に準拠しつつも、外来で研修できることは外来で研修すること
(2)地域医師会の協力のもとに、介護施設・在宅医療などの地域医療研修を行うこと
(3)研修スケジュールは、研修医の到着度、希望などによりフレキシブルに対応していくこと

研修プログラムの特徴

 1年次は主に、基本となる必修科目の内科や外科、救急部門(麻酔科を含む)を設定した。2年次は選択必修、および地域医療の期間以外は選択科目として、できるだけ長い期間を将来自分のなりたい診療科での研修に充てられるようなプログラムとした。
 また、当院では研修の難しい小児・産婦人科、精神科や、Common diseaseから一歩踏み込んだ専門的な分野の研修についても、県内、あるいは栃木や埼玉などの協力病院で行える体制を整えている。
 さらに新しい試みとして、今年からローテ中でも他科の興味がある分野をスポット的に研修できる、オリジナルプログラムを作成した。約40名と医師は少ないが、半数以上が臨床研修指導医資格を持ち、研修医へ指導しようとする気概は各指導医みな高い。

募集概要

応募資格 2018年3月医師免許取得見込みの者でマッチング参加者
採用方法 公募による。マッチング終了時点で定員に空きがある場合は、定員に達するまで二次募集を行う。
小論文 800字程度を時間内に論述する。
面接審査 数対1の個人面接を行う。
応募方法 病院様式の申込書・履歴書に
 ・卒業(見込)証明書または医師免許証(写し)
 ・住民票
を添付して、病院宛に郵送する。
応募連絡先 群馬県館林市成島町 262-1
館林厚生病院 人事秘書課 医師確保支援係 あて

TEL:0276-72-3140 FAX:0276-72-5445
mail: ishi-kakuho@tatebayashikoseibyoin.jp

処遇

勤務形態 非常勤職員
研修手当 賃 金:1年次450,000円、2年次470,000円(月額、手当を含まない)
賞 与:1年次900,000円、2年次940,000円(年額)
当 直:1年次 20,000円、2年次 40,000円(1回につき)
    ※月平均1~4回程度、応相談
その他:通勤・住居手当、扶養手当、時間外手当支給
休暇 夏季特別休暇3日、年末年始特別休暇6日支給
年次有給休暇:1年次10日、2年次20日
宿舎 ①館林駅前 コンシェルジュ付きマンション (月額40,000円程度負担~入居可)
②病院近辺 5,000円/月程度~入居可
※宿舎の斡旋を希望される場合は必ず事前にご連絡をお願いします。
専用施設 研修医室有り(ロッカー、デスク、パソコン、ソファーベッド、インターネット、
当直室、シャワー室あり)
保険 健康保険、労災保険、厚生年金保険等有り
病院賠償責任保険該当
健康管理 年2回健康診断を実施

処遇

研修会等への参加費用支給有り

研修終了後の進路

初期研修終了後の進路については、研修医自らが選択する。当院では大学院、大学病院、他病院勤務など、研修医の意向を尊重した相談や支援を行っている。

研修医制度の最終目的は、痛み、失意にある者を適切に導くプロになることだと考えています。
車を運転する仕事でも、F1ドライバーは速く走るため、トラック運送は荷物を時間どおりに運ぶため、タクシードライバーはお客さんが車に酔わないように、それぞれが運転の技を磨きプロになっていきます。
医師にも新しい手術や治療に挑戦する者、へき地医療に関心がある者、一般医をめざす者、さまざまあります。しかし、名医に共通することは、患者に適切なアドバイスができて、安らぎと満足を与えられることだと思います。医師の仕事は苦しいこともありますが、患者さんの安らぎと満足という最大の報酬があります。「ゆっくり、しっかり学ぶ」、これが当院の研修指導の方針です。
今後、新病院も完成しますので、一度お越しになってみてください。お待ちしてます。

指導医ピックアップ

館林厚生病院 麻酔科

須藤 亮 先生

私が麻酔科指導医となってから出会った研修医の総数は延べ200名を超えるかと思う。しかし、現在の勤務病院…

続きを読む

中部エリア
西部エリア
東部エリア
利根沼田エリア