1. ホーム
  2. ぐんまの病院
  3. 群馬県済生会前橋病院

ぐんまの病院

群馬県済生会前橋病院

RSS

お知らせ

お知らせはありません。

病院情報

  • 基本データ
  • 初期研修情報
  • コメント

病院名 群馬県済生会前橋病院
病院長名 西田 保二
所在地 群馬県前橋市上新田町564-1
電話番号 027-252-6011
FAX番号 027-253-0390
交通手段
JR上越線又は両毛線新前橋駅下車、タクシー10分
診療科目 標榜診療科:18科
内科、血液内科、内分泌内科、腎臓内科(人工透析)、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、 整形外科、心臓血管外科、泌尿器科、眼科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科 、病理診断科、緩和ケア内科
職員数 621名(医師55名、看護師352名、その他214名)
病床数 327床(一般病床317床、人間ドック10床))
外来患者数 一般:約510名/1日
救急:4,707名/年間
手術数 2,080例/年間
主な設備 人工透析室、病理組織検査室、解剖室
病院の特徴 全国規模を誇る社会福祉法人恩賜財団済生会が設置運営する公的病院です。昭和18年に診療所として発足、以来地域住民を中心とした医療、高度救急医療を行い地域の基幹病院として大きな信頼を得ております。近年医療は、複雑多様高度化の様相が一段と著しく、「快適な環境の中で医療を受けたい」というニーズも高まって来ていることから、施設・設備の充実を図り、最新の医療体制で高度専門医療を行い、地域医療に貢献していくことを目指しております。また、急性期医療に取り組んでおり、血液内科は骨髄財団指定施設の認定を受けています。外科の鏡下手術、消化器内科の内視鏡は豊富な実績と症例数があり、整形外科は手の外科を得意とし、心臓血管外科は小児疾患で県の中心的役割を果たしています。
研修・認定施設一覧 日本医療機能評価機構(一般病院)認定病院
初期臨床研修基幹型病院(厚生労働省)
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本プライマリケア学会認定医研修施設
日本緩和医療学会認定研修施設
日本内科学会認定医制度教育関連病院
日本血液学会血液研修施設
日本消化器病学会専門医認定施設
日本消化器内視鏡学会専門医指導施設
日本肝臓学会認定施設
日本高血圧学会認定研修施設
日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会認定医制度認定施設
日本外科学会認定医制度修練施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本大腸肛門病学会認定施設
日本循環器学会専門医研修施設
日本心血管インターベンション学会研修施設
日本胸部外科学会認定医制度指定施設
三学会構成心臓血管外科専門医認定基幹施設
日本小児循環器学会専門医修練施設群
日本整形外科学会研修施設
日本手の外科学会認定手の外科基幹研修施設
日本医学放射線学会放射線科専門医修練協力機関
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本栄養療法推進協議会認定NST稼動施設
日本静脈経腸栄養学会実地修練認定教育施設
日本静脈経腸栄養学会認定NST稼動施設
NST専門療法士認定教育施設
日本病理学会研修登録施設
非血縁者間骨髄採取認定病院施設
非血縁者間骨髄移植認定施設
ホームページ http://www.maebashi.saiseikai.or.jp

当院初期研修の特徴

プログラムでは必修研修科目として1年次に内科6月・救急3月を、2年次に地域医療1月を研修します。選択必修科目として外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科、選択科目として各専門内科・整形外科・心臓血管外科など多くの診療科目が用意されています。診療科目の関係上、協力型研修関連病院や研修協力施設との連携プログラムを組んでおりますが、いずれも症例が豊富でハイレベルな研修ができると、研修医からの評判は上々です。具体的な科目の選択・時期・期間は将来の希望専門科目なども考慮し個別に設定します。

研修プログラムの概要

研修医は臨床研修室に配属され、臨床研修管理委員会が研修進行状況の把握、研修状況のフィードバック、身体及び精神の健康管理、労務管理など総合的な研修管理を行います。具体的な研修は各診療科研修指導医により行われますが、これとは別に研修医ごとにメンターを設定するなど手厚い研修サポート体制を目指しています。

研修プログラムの特徴

1年次内科6ヶ月(済生会病院)救急3ヶ月(栃木県済生会宇都宮病院、済生会前橋病院)残り3ヶ月は選択。2年次地域研修1ヶ月(緩和ケア診療所いっぽ)残り11ヶ月は選択。選択期間の選択必修科目・選択科目については済生会前橋病院だけでなく、選択科目により他の連携病院で研修をする。

募集概要

応募資格 2014年3月医師免許取得見込みの者でマッチング参加者
採用方法 公募により選考を行う(マッチングに参加する)。
小論文 有り
面接審査 有り
応募方法 必要書類を揃えて郵送またはご持参下さい。
書類選考後、試験日を通知いたします。
応募連絡先 臨床研修室
TEL:027-252-6011
FAX:027-253-0390

処遇

勤務形態 常勤
研修手当 一年次:基本手当430,000円/月、賞与430,000/年
二年次:基本手当450,000円/月、賞与450,000円/年
休暇 有給休暇:1年次 10日、2年次 11日
夏季休暇有り
年末年始有り    
宿舎 なし
専用施設 研修医室
保険 社会保険:公的医療保険(協会けんぽ)公的年金保険(厚生年金)
労働者災害補償保険法の適用あり。
医師賠償責任保険:病院加入有り個人加入(任意)
雇用保険:有り
健康管理 年2回健康診断を実施する。

処遇

外部の研修活動に関する事項:学会・研修会への参加可、規定により参加費用支給あり。

研修終了後の進路

研修終了後、群馬大学、済生会グループ病院など他の医療機関への紹介制度あり

当院の特徴は質量ともに揃った豊富な症例と専門性の高さ、そして充実した指導医陣です。一つ一つの症例を的確に診断治療していくなかで、プライマリーケアの習得から高度専門医療に至るまで幅広い診療プロセスを体得することができます。この診療プロセスはそう単純なものではなく、山あり谷ありで決して平坦なものではありません。指導医もただ地図を指し示すだけでは充分な指導はできません。あくまでも研修医目線にこだわったきめ細かな指導が必要と考えます。当院では研修医を単なるローテーターに終わらせないために、医療の範囲にこだわらずいろいろな角度から支援できるよう研修体制を整備しています。初期研修は長い医師人生のなかでもっとも大切な2年間、医師として社会人としてかけがえのない礎となります。当院での有意義な2年間の研修は新たな人生のスタートをしっかりサポートできるものと信じています。

指導医ピックアップ

群馬県済生会前橋病院 整形外科

長谷川 仁 先生

「2年間の初期研修を失敗しない方法」をお話しします。 研修病院選びの条件ってなんでしょう?様々な診…

続きを読む

中部エリア
西部エリア
東部エリア
利根沼田エリア