1. ホーム
  2. ぐんまの病院
  3. 医療法人社団日高会日高病院

ぐんまの病院

医療法人社団日高会日高病院

病院情報

  • 基本データ
  • 初期研修情報
  • コメント

病院名 医療法人社団日高会日高病院
病院長名 関原 哲夫
所在地 群馬県高崎市中尾町886番地
電話番号 027-362-6201
FAX番号 027-362-8996
交通手段
JR上越線井野駅下車徒歩10分、JR上越線新前橋駅タクシー5分
診療科目 標榜診療科:42科
内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、腫瘍内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、内視鏡内科、人工透析内科、外科、消化器外科、乳腺外科、肛門外科、腫瘍外科、肝臓外科、膵臓外科、胆のう外科、食道外科、胃腸外科、大腸外科、内視鏡外科、腎臓外科、リウマチ科、整形外科、泌尿器科、脳神経外科、心臓血管外科、眼科、皮膚科、リハビリテーション科、婦人科、救急科、麻酔科、放射線科、放射線治療科、放射線診断科、腫瘍放射線科、病理診断科、人工透析・移植外科、疼痛緩和内科、神経内科、歯科口腔外科
職員数 451名(医師71名、看護師220名、その他160名)
病床数 267床(一般216床、回復期リハ51床)
外来患者数 専門:約280名/1日
救急:約2,200名/年間

(併設クリニックで一般外来:約500名/1日)
手術数 約3,900例/年間
主な設備 TomoTherapy(トモセラピー)
ガンマナイフユニット
体外衝撃波結石破砕装置
PET/CT
64列マルチスライスCT
MRI
マンモグラフィ
血管撮影装置
人工透析室
病理組織検査室
解剖室
病院の特徴 当院は、「患者の満足を第一に考え質の高い医療を提供する」を基本理念として、群馬県がん診療連携推進病院地域医療支援病院、災害拠点病院、臨床研修指定病院の指定を受けると共に、24時間・365日の救急受入れ体制で高崎・安中医療圏の地域住民が安心して生活できる病院づくりを目指しております。 がん診療では、手術や化学療法にとどまらず、免疫療法や温熱療法にも取り組んでおります。さらに、ガンマナイフ治療、強度変調放射線治療など最新鋭の放射線治療機器を有効活用し、高度な専門医療を提供しております。さらに、病理専門医を迎え、質の高いがん診療を提供できる体制も整いました。本年から泌尿器腹腔鏡手術センターを開設し、泌尿器癌(前立腺癌、腎癌、腎盂尿管癌等)の腹腔鏡手術が可能となりました。救急体制に関しては、循環器内科医4人体制となり、万全の体制で救急患者受入れが可能となりました。また、脳神経外科によるt-PAも実施されております。その他臨床面では、生体腎臓移植の実施、ハートセンター (循環器内科・心臓血管外科) で冠動脈バイパス術(OPCAB)を施行しております。
研修・認定施設一覧 日本内科学会認定医制度教育病院
日本糖尿病学会認定教育施設
日本呼吸器学会関連施設
日本外科学会外科専門医制度関連施設
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本整形外科学会専門医制度研修施設
日本手の外科学会研修施設
日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会専門医制度認定施設
日本眼科学会専門医制度研修施設
日本リハビリテーション医学会研修施設
日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設
日本がん治療認定研修施設
日本肥満学会認定 肥満症専門病院
ホームページ http://www.hidaka-kai.com/hidaka/

当院初期研修の特徴

当院では厚生労働省の示す新医師臨床研修制度の到達目標に準拠し、研修医の到達すべき目標を設定。プライマリ・ケアの基本的な診療能力を修得後、9ヵ月間の選択科目期間では必修科目の延長も可能である。当院は地域医療支援病院として、救急および地域の病院、診療所からの紹介患者を積極的に受入れており、研修医は多分野にわたる症例を数多く経験でき、実践を通じてのプライマリ・ケアの知識、能力向上が期待できる。また、災害拠点病院として医師会、消防署等と連携し、大規模災害時の訓練(院内訓練、DMAT研修など)を定期的に実施しているため大規模災害時に対応する訓練の研修も可能である。さらに、1年次研修時にはアメリカのMAYO Clinic、カナダのカルガリー大学での海外研修も行なっている。

研修プログラムの概要

当院のプログラムは、救急医療からプライマリ・ケアまでの幅広い症例を経験しながら指導医とともに学習し、誠実な医療を提供できるような基本的臨床能力の獲得を目的としています。研修医と指導医が地域医療の最前線で診療にあたり、結果として幅広い基本的な臨床能力(態度、技能、知識)を身に付けることができるものと確信しています。

研修プログラムの特徴

当院のプログラムは必修科目の内科(6ヵ月)、救急部門(3ヵ月)、地域医療(1ヵ月)、に加え外科(2ヵ月)、小児科(1ヵ月)、産婦人科(1ヵ月)、精神科(1ヵ月)を必修科目としている。
残り9ヵ月の期間は選択研修として各科の選択が可能である。

募集概要

応募資格 2014年3月医師免許取得見込みの者でマッチング参加者
採用方法 公募により選考を行う(マッチングに参加する)。
小論文 なし
面接審査 個人面接で、ひとり20分程度の面接。
応募方法 必要書類を揃えて郵送

〔必要書類〕
初期臨床研修医採用申請書(所定)、履歴書(所定)、卒業見込証明書、健康診断書
応募連絡先 担当者:人事経理課 佐々木 敏文
TEL:027-362-6201
FAX:027-362-8996

処遇

勤務形態 常勤職員とする。
研修手当 1年次研修時:月額500,000円、2年次研修時:月額510,000円
休暇 有給休暇:1年次 10日、2年次 11日(但し、1年次有給は入職6ヵ月経過後)
夏季休暇:3日間
年末年始:12/30~1/3
宿舎 なし
専用施設 研修医室あり(4席)
保険 公的医療保険:政府管掌保険
公的年金保険:厚生年金保険
労働災害補償保険法の適用:有
雇用保険:有
医師賠償責任保険:個人加入(任意)。
健康管理 年2回健康診断を実施する。

処遇

外部の研修活動に関する事項:学会・研修会への参加可、参加費用支給あり。

研修終了後の進路

当院を含む県内・県外の市中病院や大学病院の専門医を目指して後期研修へ進む人がほとんどですが、当院にて臨床をしながら大学院生となり学位取得を目指す人もおります。

2013年春修了者:4名
2012年春修了者:4名
2011年春修了者:4名
2010年春修了者:4名

日高病院での研修が始まり早数ヶ月が経とうとしています。初期臨床研修で学ぶべきことは何でしょうか。ルート、血ガス、CVといった基本的手技を身につけること、初診患者の問診、検査、診断、治療、一連のprocessを自分の頭で考えること、入院患者の病態を把握し、適切に対応すること、器材の使い方、カルテの書き方、書類の書き方等業務に慣れること、全て重要だと思いますが、病院によっては院内の規則や指導医の人数により制限を受けるところもあるようです。人それぞれ重要視している部分は異なりますので、それに応じた研修先を選択しなければならないと思います。当院は採血、血ガス、エコーはもちろん、CV(中心静脈カテーテル)挿入、気管支鏡、胸腔・腹腔穿刺、リンパ節針生検等、手技の機会は比較的多いですし、当直時は研修医がfirst touchで患者さんを診察します。現在ローテート中の内科では、指導医の先生方に優しくかつ丁寧に指導して頂けるし、看護師さんにも病棟、外来での動き方を教えて頂けます。研修医が1学年4人と少ないため、先生方も研修医に気をかけてくれます。また基本的なところですが、大きな病院ではないので病院職員ほぼ全員の顔がわかります。毎朝人とすれ違う際あいさつをすると必ず返してくれたり、他科の先生にconsultする時も知っている先生なので頼みやすかったり、こういった気持ちの良い雰囲気も中規模病院ならではの特長と言えるのではないかと思います。
ぜひ、お気軽に病院見学へお越し下さい。お待ちしています。

中部エリア
西部エリア
東部エリア
利根沼田エリア